当サイトでは手のシワに効果的なハンドクリームをおすすめ順に紹介しています。
  • 手のシワはどうしてできる?手が顔より早く老化する原因と正しいハンドケア
  • エイジングケアしたい大人のためのハンドクリーム10選【口コミあり】
  • 顔だけじゃない?若く見える人の共通点から学ぶ「美しさ」
  1. 手のシワはどうしてできる?手が顔より早く老化する原因と正しいハンドケア

手のシワはどうしてできる?
手が顔より早く老化する原因と正しいハンドケア

手が顔より早く老化してしまうワケとは?

手が顔より早く老化してしまうワケとは?

いくら丹念にメイクをしてオシャレしていても、手に表れた年齢は隠せない・・・というのは、ある程度以上の年齢の方の多くは痛感していることではないでしょうか。顔と違って手のケアは怠りがちということ以外にも、手が顔よりも早く老化してしまうことには以下のような理由があります。

皮膚が薄い

全身の中でも比較的皮膚が薄いとされる顔と比べても、手の甲の皮膚はさらに薄いと言われています。手でつまんでみてもよくわかりますね。皮膚が薄いということは水分保持力が低いということで、乾燥しやすく刺激に弱いということになります。

新陳代謝が遅い

人間の身体には古い細胞から新しい細胞へと一定のサイクルで生まれ変わる新陳代謝というシステムがあります。皮膚の新陳代謝はターンオーバーとも呼ばれますが、このサイクルが手の甲は身体の他の皮膚よりも遅く、シミやシワなどの肌トラブルが改善されにくい場所でもあります。

水に塗れる頻度が高い

手はおそらく身体の他のどの部分よりも1日の中で水に触れる機会が多い場所です。水仕事はもちろん、帰宅したときや汚れたとき、食事の前など人は頻繁に手を洗います。水に触れるとその蒸発と共に皮膚の水分も奪われるため、乾燥しやすくなるのです。

紫外線ダメージを受けやすい

手の甲は1年中衣類などで覆われることが少ない場所です。特に夏は洗濯物を干したり買い物に出かけたりするだけでも紫外線ダメージを受けますが、そうしたときにいちいち手の甲まで日焼け止めを塗る人は少ないでしょう。そもそも乾燥しやすい場所である上に紫外線を浴びる機会も多いということは老化が早く表れる原因の1つです。

手の老化を防ぐ!ハンドケアのポイント

手の老化を防ぐ!ハンドケアのポイント

では、手の老化を防ぐために日常的にできるハンドケアについてご紹介したいと思います。手のシワやシミなどの予防・改善には、毎日のちょっとした積み重ねが重要です。

紫外線対策をこまめに行う
まずは紫外線対策です。顔をケアするのと同じように手にも気を使いましょう。日焼け止めを塗るときには手指までしっかり塗る、そして出かけるときにはUVカット手袋をつける、というのを習慣付けるようにしましょう。
水に濡れたあとのケアを忘れずに
洗い物をしたり洗濯物を干したりトイレから出て手を洗ったり、手が水に濡れたあとは必ずタオルやハンカチでしっかり拭きましょう。指の間や爪の周りなどもていねいに水気を拭き取って、水の蒸発と一緒に手の水分が失われるのを防ぐことが大切です。
洗剤を使うときはさらに注意
合成界面活性剤不使用の手肌にやさしい洗剤もいろいろと出ていますが、まずそうした洗剤選びに注意すること、そして手にやさしいものが選べない場合(仕事先や外出先など)はゴム手袋をつけるようにすると手を刺激から守ることができます。
ナイトグローブをつけてみる
寝る前にハンドクリームをつけてナイトグローブをつけると、クリームの吸収力が高まるだけでなく、保湿効果もアップします。クリームをつけずにグローブをするだけでも刺激から守られる効果もあるので、一度試してみてください。

関連記事

PAGE TOP